Topics

>

お知らせ

お知らせ

城北寝屋川口水門の見学会

e-よこ逍遥や定期清掃などでいつもお世話になっている「東横堀川水門事務所」、

水門見学の際には巨大モニター越しに大阪市の管理河川の様子が映し出されています。

その一つである城北寝屋川川口水門の見学会に行ってきました。


城北川は寝屋川と大川を結ぶ、全長およそ5.6kmの河川。都島区・旭区・城東区の3つの区にまたがっています。寝屋川口水門と大川口水門の2つの水門を備え、東横堀川と同じく、干潮と満潮の自然の力を利用して、大川のきれいな水を導き入れ、水質浄化を行っているそうです。


水門はローラーゲート形式。近くから見ると迫力があります。



昭和30年代~急激な都市化により、水質が悪化。保水機能が低下し何度も浸水被害が起きたそうです。しかし昭和60年代からの総合治水対策や城北川の改修事業により、水質はかなり改善されました。現在は川沿いに遊歩道や浸水施設が整備され、まちの人たちの憩いの川へと変わりつつあります。


地域の歴史のことや水門の機能など、様々な情報で知ることができますが、やはり現場を見ながらお話しをうかがうと、リアルさが伝わります。コロナの状況などで出かけづらい現状もありますが、落ち着いたら是非ご参加いただくと、まちの知らなかった面が見えてくるかもしれません。

淀川~大川~寝屋川、大阪市内の川つながりの楽しい学びになりました!